遺産相続と不動産名義変更はどんな関係なのでしょう

不動産の持ち主である名義人が死亡してしまったときは、不動産名義変更を行って土地や家屋を新たな名義人が引き継ぎます。

概要を説明しましょう。

◇遺産相続の中に不動産が含まれている場合。

土地や家屋など不動産の名義人が死亡してしまったときに、新たな名義人を決定して名義の書き換え手続きを行うことでがあります。

不動産名義変更は、不動産の名義を変更する場合であれば、売買などどんなときにでも経なければならない手続きです。

遺産相続は、故人の遺産を相続する手続きです。

不動産以外のさまざまものを含めて遺産相続と呼ばれています。

◇法定相続人の了解を得ることが大事。

不動産の遺産相続を行う場合、最初に法定相続人が集まって協議し遺産分割協議書というものを作成します。

故人の遺言があればその内容が優先されますが、ない場合には法律で定められた相続人が応分の比率で受け取ることになります。

その分割に相続人個々が了承し、その書面に署名捺印した内容に異議がないこと、了承したことを示すのが遺産分割協議書です。

最終的にはこの内容に沿って遺産分割手続き、不動産名義変更が行われることになります。

◇遺産相続には不動産や現金、有価証券類、美術工芸品なども含まれます。

不動産名義変更は、その中の一部の手続きです。

遺産にはさまざまな種類がありますので、それらの内容にあわせて相続手続きを行います。

土地・建物は不動産に相当するので、法定相続人の了解が得られた後は、速やかに不動産名義変更を行い、所轄の役所に届け出る必要があります。

相続人が多いともめ事に発展します。

早めに着手しましょう。

それと、こういう制度もあります。

◎参考までに⇒http://www.jili.or.jp/lifeplan/houseeconomy/succession/7.html