不動産名義変更でよくあるトラブルは何ですか?

不動産名義変更にありがちなトラブルは、抵当権に絡むものです。

遺産相続を含め、資産を継承したり売買したりするときは、必ず専門家に立ち会ってもらいましょう。

◇知らない間に負債を背負わされてしまうことも。

たとえば自分が小さかった頃に両親が購入した新しい土地や建物、いわゆるマイホームなどは、抵当権が1つしかついていないケースがほとんどです。

しかしそのような物件ではなく何回も転売を繰り返してきた不動産には、いくつもの抵当権が設定されている場合があります。

そうした内容を知らされずに遺産相続に参加して不動産名義変更などをしてしまうと、抵当権にあった金融会社の返済を一緒に背負い込んでしまう場合があります。

◇抵当権が何重にもついている場合もある。

抵当権など不動産名義変更に関わるものは、事前に説明されるべきものですが、売り手や被相続人に悪意があれば騙すこともできます。

不動産名義変更の場合、素人であれば単なる名義変更と解釈してしまいますが、とくに不動産には上記のような“隠された抵当権”があったりするので十分に注意しましょう。

消費者庁に寄せられるトラブルでも抵当権絡みがトップです。

不動産名義変更には簡単に応じるものではありません。

回避するには、弁護士や司法書士に立ち会ってもらい、法的に確かなものかどうかをチェックしてもらうのがいちばんです。

◇不動産名義変更の書類に捺印する際のメクラバンにも注意しましょう。

捨て印にも注意が必要です。

不動産名義変更には多くの書類が必要になります。

本人も理解できないタイトルの書類が何枚もあり、署名捺印、捨て印などを次々に処理しなければなりません。

多くは担当者の説明を聞き流しながら署名捺印を繰り返してしてしまいます。

トラブルの元になるので、よく説明を理解してから順次終わらせていきましょう。